筑紫野市でスポーツ障害や交通事故のむち打ち治療なら大石鍼灸整骨院
TOPに戻る>症状別の治療

冷え症

冷え症:自律神経の乱れや食生活も関連します。鍼やお灸が有効 
年齢

10代~70代の女性が多い。

職業

空調を使う環境におられる方

経緯・相談内容

 

夏はエアコンで冷え、秋から冬にかけては手足が冷えます。
寝るときには厚手の靴下を欠かすことができません。

ここ最近、急に低体温症になってしまったような気がします。
昔は36度ぐらいが平熱だったのに、最近では35度台になってしまった…。
最近は運動もしてないし、基礎代謝も下がってきているのでしょうか?

治療法

 

備考

筋肉量が減少することが原因となる場合や自律神経のみだれも考えられます。
鍼灸治療にて自律神経を整え、内側(根本)から改善していきます。
筋力トレーニングの指導も行い、希望される方には漢方薬局の紹介もいたします。

問い合わせ